キシリトールの歯への効果

虫歯菌の働きを弱める

虫歯をつくる口の中の細菌のなかで、特に多いミュータンス菌は、糖分を栄養として歯の表面を溶かす酸を作り出します。
でも、キシリトールはミュータンス菌が摂取したとしても酸を作り出すことができないのです。
これは、キシリトールがミュータンス菌の代謝経路に入らずに排出されてしまうからです。
ミュータンス菌からすると、餌を食べる、という活動をしているので、エネルギーを消費したとしても、結果としては栄養とならないわけなので、疲弊し、減少してしまうわけです。
当然、酸の産出量も減るということで、虫歯の原因が減少する、ということになるわけです。
原因が減れば、虫歯になる可能性も減少する、ということで、虫歯予防に効果がある、と言われているわけです。

歯を強くする効果

歯の表面が虫歯菌の産出する酸によって説けてしまったとしても、軽微であれば、口の中で起こっている再石灰化により、修復してくれます。
再石灰化とは、唾液の中に含まれるカルシウムやリンが、酸によってスカスカになってしまった(脱灰)エナメル質の表層に、新たにエナメル質の結手を形成するという自然治癒活動です。
キシリトールには、この再石灰化を活発にしてくれる効果も期待できます。
キシリトールは、糖と同じくらいの甘みがあるので、口の中に入れると、味覚を刺激します。
その刺激は、唾液の分泌を活発にさせるため、カルシウムやリンの量を増やすことにつながり、結果として再石灰化を活発にしてくれる、というわけなんです。
また、唾液が増えるということは、口腔内の殺菌効果も高まるため、虫歯予防と共に、口臭の予防にも役立ちます。