キシリトールの効果的な取り入れ方

キシリトールガムの選び方

虫歯の予防のためには、目安として一日5~10gのキシリトールを取ると効果的と言われています。
ただし、即効性のある方法ではないので、およそ2週間目頃から効果が表れだし、リスクが低いレベルまで落とせるまでには3か月ほどかかる様です。
ガムで摂取する場合、キシリトールの含有量に注意する必要があります。
予防効果がみられるのは含有量50%以上が目安と言われています。
計算方法は、キシリトールの量(g)÷炭水化物(g)×100です。
市販されているキシリトールガムでは50%に満たないものが多く、充分なキシリトールを取るには14粒、歯科医で販売しているものは100%で、同じ量が4粒で摂取できる計算になります。
また、折角キシリトールを摂取できても、盗塁や酸生物が含まれていては効果が下がってしまいますので、注意しましょう。
クエン酸や果汁入りのものはそれ自体が酸性なので注意します。

キシリトールガムの噛み方

キシリトール100%のガムであれば、一日4粒。
1回に一粒噛んだとして、朝、昼、晩、就寝前の4回、歯磨き後に噛むのが効率的でしょう。
ガムは噛んでいるうちに甘みがなくなってしまいますが、15~20は噛み続けるようにします。
歯の表面に長く触れているようにすること、唾液の分泌を促進することも大切ですから。
ガムをかんだから歯磨きをしないで良い、と思いがちですが、ガムを噛んでいると、頑固に歯に付着していたプラークもはがれやすくなるので、歯磨きとガムを併用するとより効果的なんです。
また、キシリトールは体の中でも作られている安全な成分ですので、妊婦さんや小さなお子さん、そしてお年寄りの方でも、取り入れやすい予防方法です。